注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

タイヤ館のタイヤ保管プログラムが便利!メリットや口コミを紹介

タイヤ館ではタイヤの販売やカー用品の販売の他に保管サービスとしてタイヤ保管プログラムを行っています。一体どんなプログラムなのでしょうか?

タイヤ保管プログラムでこんな悩みを解決!

「タイヤ保管プログラム」とは、その名の通り 夏冬の季節にタイヤを履き換えた時にタイヤを保管してくれるサービスです。ユーザーの抱えている、自宅で保管する時の問題点は

[aside type=”boader”] 

  • 履き替えたタイヤの保管するスペースが無くて不便
  • 重量があるので、持ち運びが大変で不便
  • 外で保管していると盗難に合わないか不安
  • 外で保管するとタイヤが痛まないか不安[/aside]

この4点が多く、これらの問題を解決してくれます。

預かりから引き渡しまでの流れについて

ではこの保管プログラムをタイヤ館にお願いした場合の流れを紹介します。

[aside type=”boader”] 1.交換
夏冬タイヤの交換を季節によって行います。この時にタイヤの状態をチェックしてお客に適切なアドバイスをします。[/aside] [aside type=”boader”] 2.お預かり
お預かりする前に、脱着したタイヤとホイールの傷が無いかをチェックします。またお預かりしたものは、直射日光の当たらない倉庫で次の交換シーズンまで大事に保管します。[/aside] [aside type=”boader”] 3.交換予約
次のタイヤ交換の時には事前に電話などで交換の希望日を店舗に連絡します。[/aside] [aside type=”boader”] 4.交換
予約した日にプロの技術で交換します。装着したタイヤを適切な空気圧に調整して引き渡しします。この時に車の無料点検も行っていますので、安心して車に乗ることが出来ます。[/aside]

タイヤを預けるときの注意点は?

タイヤ館の保管プログラムを利用する際には、なにか注意点があるのでしょうか?

  1. お預かりするタイヤ・ホイールはタイヤ館で購入した商品に限られます。
  2. タイヤを預けた場合の発行される伝票は、保険証も兼ねているので紛失に注意する。
  3. 履き替えを行う場合は事前に連絡しなければ、タイヤの履き換えを行う事ができません。
  4. お預かり契約期間終了後に引き取りの連絡が無い場合には、必要な手続きを取って廃棄処分する場合があります。

などがありますので、タイヤ保管プログラムサービスをお願いする時には、必ず注意事項には目をとおすようにしましょう。

タイヤの保管サービスも便利!

タイヤ館以外にも、カー用品店大手のオートバックスやイエローハット、タイヤマンなどでも保管サービスはおこなっています。

また民間の自動車整備工場では保管サービスをおこなっている所もあるので、価格と自宅からの距離等も考慮して、どこに預ければいいか検討した方がいいでしょう。

履きかえるのは、スタッドレスと夏タイヤの種類を持っている方になります。タイヤを自宅で保管するには場所もなければ、それらの実際の重さ半端ないです。女性の方や高齢者の方は店舗に預けておく方が楽だと思います。

機会があれば店員さんに詳細の説明をしてもらった方がいいでしょうね。

→ タイヤ館のタイヤ保管プログラム
https://www.taiyakan.co.jp/service/tire/tirecloak/