注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

タイヤのパンクは内面修理がおすすめ!スペアタイヤの使い方は?

朝会社に出かけようとして、フッとタイヤを見るとつぶれていたりした経験はありませんか?スローパンクチャーです。ゆっくり空気が抜けていく一種のパンクです。

出掛ける寸前のパンクや出掛けた先でのパンクって結構、ショックが大きいですよね。

ここではタイヤのパンク・修理についてご紹介します。

タイヤの外傷について

タイヤがパンクすると言っても路面状況やタイヤの空気圧の状態によっては修理が効かないパンクもあるのです。

通常パンクと言うと路面と接している溝部分にクギ等が刺さって空気が抜けるものですが、中には空気圧が減っていたりすると、タイヤの基本構成部分で帆骨組に当たる側面にヒビや亀裂が入ったりします。この横の側面にヒビや亀裂が入るとタイヤの空気の内圧に対切れずにバーストしてしまう危険性があります。

タイヤ側面にキズやヒビが入っている様なタイヤは修理は不可能なので、新品のタイヤと交換する必要があります。

内面・外面修理の特徴や注意点は?

タイヤのパンク修理には【内面修理】と【外面修理】の2種類の方法が現在とられています。

多くの店舗では費用と作業時間の観点から外面修理の店舗がほとんどの様です。

内面修理の特徴や注意点

パンクの内面修理はタイヤとホイールを外して行います。内側から刺さっている個所を確認して、刺さっていたものを取り除いてから穴を塞ぎ絆創膏のような内面パッチを取り付けます。

タイヤ内部の確認が取れるので、タイヤが継続して使用可能なのか、どうかの判断が出来ます。但し、コストが外面修理より高くなります。

外面修理の特徴や注意点

ほとんどの店舗で行われているパンク修理方法です。水が入っている層に付けて穴確認をします。そこに刺さっているクギ等を取り除いてからパンク補修用のゴムを差しこみます。再度、水の層にタイヤを付けて漏れていないかをチェックします。

タイヤ内部の確認が取れない為に継続的な使用が可能かの判断ができません。側面のワイヤーなどが損傷している場合には修理しても最悪バーストする可能性も否定できません。但し、修理価格は安く済みます

パンク修理の工賃は?~防府店の場合~

タイヤ館の防府店でもパンク修理は受け付けています。こちらの店舗も、タイヤのパンク修理は外面修理となっています。タイヤ館防府店のパンク修理の工賃は、

[aside type=”boader”] パンク修理(外面修理)

1ヶ所 1620円[/aside]

となっています。タイヤパンク修理(外面修理)の費用は平均で2000円前後ですから防府店は良心的な店舗だと思います。

スペアタイヤと使用時の注意点

現在HYBRID車両が多くなってきていて、スペアタイヤの格納スペースが無い事から、スペアタイヤの変わりにタイヤ補修剤を積んでいる事が多くなってきています。ただ中には、スペアタイヤを積んでいる車もまだ多いのも事実です。

当然、突然のパンクした場合にはスペアタイヤに交換するのですが、みなさんスペアタイヤの空気圧ってチェックしていますか?スペアタイヤは意外と積みっぱなしが多いので、自然に空気が抜けてしまっている事が多いです。小まめにスペアタイヤも空気圧のチェックはしましょう。

またスペアタイヤに交換した場合には80km/h以下で走行しましょう。タイヤ径が小さくなるので、本来は駆動輪に使用はしないのが普通なのですが、平気でスペアタイヤを履いて運転している方もいるので、安全な走行を心掛けてもらうしかありません。

確実に修理が可能と言う事であれば多少金額が高くても内面修理の方が安全だと思います。外面修理はどうしても目視で小さな穴を見つけなければなりませんから、経験不足な作業員が行うと失敗するケースもありますからね。

→ タイヤのパンク修理について
https://www.taiyakan.co.jp/service/tire/blowout/